2016年02月05日

大洲・宇和島旅日記〜宇和島3

和霊神社に参拝した後は
伊達博物館へ
途中
一方通行の規制があったりして
ナビが当てにならず
勘だけを頼りにやっと目的地に


博物館では
宇和島伊達400年祭と
仙台との姉妹都市40周年記念の特別展を開催していました


仙台市博物館や瑞巌寺
瑞鳳殿から借り受けた資料が多数展示してあり
意匠を凝らした
華やかな武具や調度類を見ることができました


入館するときに
65歳からは割引ができますよ
と言われ
ごめんなさい
もうちょっと間があるんです
お相手も私も苦笑い
誕生日旅行らしいと言えば言えるのかな?
これも旅の思い出の一つですね


宇和島伊達家といえば
私が知っていたのは
初代の秀宗と幕末の四賢侯の一人である宗城だけ
展示品を見ていて
宇和島伊達家と仙台伊達家の間に
連綿として繋がる絆のようなものが感じられました


特別展のことは知らずに
博物館は好きなので行ったのですが
行って良かったです


今回は写真はありません

ブログランキングに参加しています
↓をポチッとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
ラベル: 博物館
posted by 純 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

伊達博物館にも一度は行ったことがあるのですが、何が展示されていたか忘れてしまいました。
そばにある天赦園には何度か行きました。
4月中旬には白玉藤という藤が太鼓橋のようになった藤棚に咲いていて、綺麗でした。
Posted by at 2016年02月05日 21:21
伊達博物館へ行かれたんですね〜
伊達と言えば、当地の藩主も伊達でした。
秀宗は伊達政宗の長男で、家康から大名に取り
立てられ、宇和島に行ったと聞いています。
仙台市博物館や瑞鳳殿、瑞巌寺には何度も足を
運んでいます。
こちらとゆかりある地を訪ねられたということ、
興味深く読ませていただきました…♪
Posted by 風恋 at 2016年02月05日 21:24
静さん、こんにちは

天赦園にも行きたかったのですが、お城メインの旅だったのであきらめました。
白藤の棚ですか。
一度見てみたいですね。
Posted by jun at 2016年02月06日 12:47
風恋さん、こんにちは

大坂冬の陣で功績を挙げた秀宗が大名に取り立てられたんですよね。
秀宗は長男ですが側室の子、嫡男ではなかったので、仙台伊達家は次男の忠宗が継いだのではなかったでしょうか。
宇和島伊達家と仙台伊達家は以後も密接な交流があったようです。
Posted by jun at 2016年02月06日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック