2014年10月03日

東京・ミュージアム巡りと浅草散歩 Part3

法隆寺宝物館を出て
付近をブラブラしながら
東京都美術館へ


黒田家の鬼瓦があったり
池田家の表門があったり
これも野外展示の博物館といえるのかな


黒田家江戸屋敷の鬼瓦1060382.jpg

黒田家江戸屋敷の鬼瓦
鬼はいないですね
大きな鬼瓦です
間近にこんな大きな鬼瓦を見るのは
近江八幡の瓦ミュージアム以来かな
人の背丈くらいありました
これが棟飾りだっというのだから
どれだけ大きな屋根だったのでしょうね


池田家江戸屋敷表門1060384.jpg

池田家江戸屋敷表門1060389.jpg

因州池田家の江戸屋敷表門
鳥取池田家は
岡山の池田家とは親戚
岡山藩の3代目となる光仲が幼少のため
鳥取藩主であった従兄弟の光政が岡山藩の藩主となり
以来
明治維新まで光政の家系が岡山藩の藩主となっているので
興味深く見学しました


花園稲荷神社参道1060366.jpg

花園神社参道
赤い鳥居がずっと続いているようです


清水観音堂1060361.jpg

清水観音堂
ここは江戸時代には上野寛永寺の寺域だったのですかね
いかに大きなお寺だったかがわかるような


見所は沢山ありそうな上野公園
今度は歴史散歩に来ようかな


東京都美術館では
メトロポリタン美術館古代エジプト展を鑑賞
女性をメインにしたエジプト展って珍しいのでは?


古代エジプト展036.jpg


チケットにも印刷されている
ハトシェプスト女王の頭部
いや
美人ですねェ
ネフェルティティの胸像も美人だったけど
負けてませんね


最後は
上野の森美術館の
ボストン美術館北斎展
京都の文博で見たホノルル美術館の北斎展に比べると
ちょっと物足りない気もしたけれど
何度見ても好きなものは好き
ジックリと鑑賞してきました


北斎展037.jpg


さすがに
これだけ続けてミュージアム巡りをすると疲れます
鑑賞しているときには気にならないのですが
美術館を出ると
足が棒のようになってしまって
ついでにアメ横でもぶらつこうかと思っていたのですが
ホテルへ帰ることにしました


足は疲れていても
心はルンルン
思いっきり好きなものを堪能して満足に一日でした


ブログランキングに参加しています
↓をポチッとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


ラベル:美術館
posted by 純 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。